生活について

きゅうり

  • 2021年02月25日
4時半起きからのレタスクラブ原稿入稿。その後益田ミリさん描き下ろしの新作「スナックキズツキ」を読んだら、とてつもなく良くて朝から興奮した。

「笑っちゃうくらい頼りないわたしの人生、差し出せるものも残せるものも、たぶんなにもないんだ」というお客の女性の発言に対するトウコ(スナックの店主)の「だけど、わたしたちは出場している。この歴史に。そして歴史の上に否応なしに積もっていく。チリみたいなもんかもしれんがな」という返事にシビれた。ミリー!(興奮のあまり敬称略)となった。

日中お仕事。通勤時間と昼休憩の時間で「今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は」(福徳秀介)を読んだら、これがまた良かった。ジャルジャルの大ファンであることを抜きにしても、本当に良かった。関大生(2回生)が主人公の甘酢っぱすぎる青春ものなんだけど、こういう青春ものはそれに伴う経験が無さすぎて全く共感できずに途中で白けてしまうんだけど、この作品に関しては違った。主人公の小西になりきって、一人ざる蕎麦女を教室の隅から目で追ってしまっていた。

晩ごはんの時に英語の話になった。ネーネーの小学校で今日英語の授業があったそうだ。詳しく話を聞いていると、シュシュが「えいごしゃべれるで!」と言うので、言ってごらんと言うと「キューウ↑リィー↓」と英語風にキュウリと言ったので全員笑った。その後も「アカイーロォウ↑ショク↓ヒィーン↑」(赤色食品)と言うので、おなかがよじれるほどに笑った。みんなが笑うとシュシュはキョトンとしながら、それでも嬉しそうに笑っている。

ネーネーは英語を本格的にやりたいそう。むかし大掃除をした時に机から出てきたいろんな国の硬貨をあげたらそれを今でも大切にしていて、このお金を全部使いたいからよと言っていた。

自分も英語力が本当に必要な段階になってきているので、なんとかしたい。まずは発音から練習していこうかな。

キューウ↑リィー↓。

将棋

  • 2021年02月24日
8時頃に全員起きた。朝ごはんを食べてワチャワチャと掃除をした後早めにお昼ごはんを食べて、立命館大学の公園に行く。途中、妻が買い物に行ったので子どもたちと遊んだ。コロナのこともあり、食堂は閉鎖されていた。その食堂の隣に、子どもたちが気に入っている遊びスポットがある。ほとんど誰もいなくて、今回も私たちしかいなかった。小高い山と岩がいくつもあって、その岩が離れ小島という設定で遊んだ。そして小島のひとつに腰掛けて釣りごっこをしていると、お腹P&P警報が出たので、子どもたちにごめんトイレに行きたいと告げ、3人でトイレに走る。並走している子ども達も心配そうに私の顔を見つめるけれど、一歩一歩進むごとに私のおしりからプッ!プッ!とおならが出るので、たまらず大笑い。平和なおなら、略してヘナラだった。

そして大笑いの効果かP&Pの波が過ぎ去り平和が訪れたので、引き続き遊んだ。

14時半頃に妻が合流して、妻とネーネーは美容院へ。私とシュシュはジョーシンに行った。大のお気に入りスポットに来たシュシュはグイグイと私の手を引っ張っておもちゃコーナーへ。ゴリラのアニアと、ネーネーへのお土産にシルバニアのお洋服を一着、それから将棋セットを買った。(ネーネーが学童で将棋をやっているそうなので)

夕方帰宅。髪を切ってもらったネーネーは妻に「パパ、わたしを見てお目目が星になっちゃうんじゃない?」と言っていたそう。案の定、私のお目目は銀河のごとく輝いた。巻き髪にしてもらって、とってもキュート。

夜ご飯の後に将棋をやってみたら、うっかり私が勝ってしまいネーネー大号泣。子ども達との勝負事の力加減が難しいなあ。

その後「回り将棋」というすごろくのような遊びをやって、こちらはネーネーの圧勝。

というわけで、平和に眠りました。

アロちゃん

  • 2021年02月21日
結局、資格合格の給付金でinsta360 ONE X2というカメラを買った。オプション等もろもろ含めて6万円くらい。これでVlogを作ろうかなという反面、誰が興味あんねんという思いもある。名前の通り360度全方位録画ができ、編集でかなり良い感じの映像になる。しかしまあ、そのサンプル映像達が見事にリア充ばっかし!何というかこう、もっとしみじみした感じの映像サンプルはないんかな。

お昼からシュシュと公園に行った。ネーネーも誘ったけど、テレビ見るからいいわ~とのことだった。こうやって少しづつ、公園に行く機会も減ってしまうのかな。シュシュはへんしんバイク(ストライダーのようなもの)と一緒に、アロサウルスの30cmくらいのでかい人形も連れて行くと言うので、へんしんバイクだけにしようと言うと大泣きしてしまった。アロちゃんとすべり台したいんよ、アロちゃんと一緒がいいんよ、と大号泣だった。というわけで、アロちゃんも一緒に公園に。都合上、シュシュがへんしんバイクに乗って、私がアロちゃんを抱えて追いかける形になった。

公園につくとシュシュはアロちゃんを抱きしめたまますべり台で遊んだり、少し歩いてはにっこり微笑んで「アロちゃんといっしょに写真撮って」と言うので、天使~!と思いながら連写した。

晩ごはんは手巻き寿司。もりもり食べすぎてお腹P&Pになりました。

パフェ

  • 2021年02月20日
午前中ネーネーの音楽教室。残念ながら、コロナの影響でこの教室は4月に無くなることが決まっている。授業の待ち時間に喫茶店で読書をするのもあと少し。今日はレモンスカッシュを飲んでしみじみとした。

音楽教室が終わったらそのまま耳鼻科でダッシュ。私とネーネーの花粉症が早くも発動したので薬をもらいに行ったのだった。耳鼻科は空いていて、診察はすぐに終わった。そのままロイヤルホストに行き、耳鼻科を頑張ったご褒美にパフェをごちそうした。始めてロイヤルホストのパフェを食べたネーネーは一口食べる度に「夢みたい」と言っていて、とても良かった。

その後、どっか行く?と聞くと、パパはもうおこづかい無いやろ?無理せんでいいよ、帰ろうと言われ、気を使わせてごめんよ…と思いつつ帰った。途中、近所の公園に行くとネーネーの友達がいたので、1時間ほど遊んだ。完全に子ども達同士で遊んでいたので、すみっこのベンチで読書をして待った。

天気もよく、春のような一日。

5時間

  • 2021年02月18日
仕事で5時間喋った。

自分の喉が最後までもつか心配だったけど、LUNA SEAのRYUICHIになった気持ちで気合いを入れて乗り切った。Zoomを使ったセミナーだったんだけど、お話の聞き手は全員カメラとマイクをオフにしているので、「無」に向かってひとりで喋る形で、途中「ほんとに誰か聞いてる?」と少し不安な気持ちになった。(実際はのべ100名近くの方が聞いてくださった)

というわけで、基本的に聞き手の方たちからの反応は無いので、思わず「アリ~~~~ナ~~~!聞こえてるか~~!」と叫びそうになった。しかしそこはさすがにグッとこらえて、淡々と仕事をこなした。

お昼はあさりごはん。

帰宅するとシュシュが、今日はいすとりゲームしたんよ、ゆうしょうできなかったんよ、と残念そうに報告してくれた。それじゃあ今度いすとりゲームの練習をしようねという話をする。

自分が子どもの時、家族で電車に乗ってでかけた時に、空いている席があったのでそこに座ろうとしたら、同じく乗り込んできたおじさんにドーン!とヒップアタックされて自分がはじき出されて、おじさんは何事もなかったかのようにスン!と座ったことがあって、今でも強烈な記憶として残っている。

あのおじさんのようなヒップアタックを教えるべきか、でもシュシュや友達が怪我をすると危ないから、やめとこ。

はじめてのスピノザ

  • 2021年02月17日
「はじめてのスピノザ」(國分功一郎)を読んだ。哲学書は何度読んでもよく分からなかった(意味ではなく、意義が分からなかった)けど、最近はわりと理解できるようになってきた。電車でフームと考え込んでいると普通に乗り過ごした。慌てて反対方向の電車に乗り、会社まで走ることになった。通勤時間に読むものではないなと思った。

それにしても久しぶりに全力疾走して思ったけど、めちゃくちゃ体が重い。以前はタッタッタッタ!という感じだったはずなのに、ズン!ズン!ズン!という感じで、一歩ずつ足が地面にめり込みそうな勢いだった。

お昼はたけのこ飯。

夕方帰宅すると、なんとネーネーが洗濯物をすべて取り込んでくれていた。神対応…!と思った。感謝の気持を伝えるとともに、昨日寝る時、布団の中でネーネーが鬼滅の話をしてくれている時にウトウト寝てしまった気がするので、そのことを謝った。ううん、ええんよ、今日は頑張って起きててね、と言うので絶対の絶対に起きるぞと誓った。

子ども達と観た「沼にハマってきいてみた」(NHKのとても面白い番組)、今回はVlog(ビデオブログ。映像形式のブログのようなもの)特集だった。これからシニアになっていくに向けて自分が最終的にやるであろうことはVlogだろうなあと普段から考えていたので、とても興味深かった。YOU TUBEなどでも、おじさんが淡々と旅する光景を映している形式のVlog(なお、おじさん自身はほぼ映らない)がわりと人気で、自分もついつい観てしまう。

暑いとジュースが美味しい

  • 2021年02月14日
シュシュと自転車屋に行った。

ネーネーが以前使っていた「へんしんバイク」という、ペダルを外せばストライダーのようになる自転車のペダルを外してもらいに行ったのだった。

1時間ほど待ち時間ができそうだったので、付近を散歩。ここには以前住んでいたので、懐かしい。以前住んでいた家の周辺はすっかり景色が変わってマンションだらけになっていた。ネーネーが謎の生物(透明なエビのような何か)を発見した田んぼは埋め立てられ、時間貸し駐車場になっていた。

自転車のペダルを外してもらい、コンビニに寄って帰宅。暑かったのでコンビニではジュースとコーヒーを買ってシュシュと飲んだ。シュシュは一気に飲んだ後、頬を真っ赤にして「きょうはあついのでジュースがいつもよりおいしくおもってうれしい」と言っていた。

帰宅後、皆で公園に行った。シュシュはストライダー仕様になったへんしんバイクにまたがり、よちよちと歩いていた。まだサドルに座るのは怖いようで、嬉しそうによちよちと歩いていた。

夕方くら寿司に行った。くら寿司は久しぶりだった。何気なく食べた「うなたま」(うなぎと半熟卵の軍艦)が本当に美味しくて2回食べた。次回はうなたまのみをひさすら食べようと思う。

びっくらポンは1回あたりが出た。ポケモンのマグネット。

煉獄さん

  • 2021年02月13日
8時半にネーネーと家を出る。9時から美容室で髪を切ってもらい、そのままピアノ教室へ。待ち時間に先週も行ったTSUTAYAに行き、また1枚11円のCDを物色して20枚ほど買った。シュシュのお土産に、ブラキオサウルスのブロックを買う。ネーネーと合流し、ミスタードーナツで汁そばを食べる。ネーネーの歯医者。それが終わったらイオンに移動して、映画を観た。鬼滅の刃の映画。

ネーネーは心の底から映画を楽しみにしていることが伝わってきて微笑ましかった。お友達にも映画行くこと言うたんよ、とポスターを眺めながら言っていた。鬼滅の刃が流行り始めたときは、なんとなく子どもには見せたくないなあと思っていたけど(結構グロテスクな描写も多いので)、傍で見守っていく中で、ネーネー自身の中でいろいろと折り合いがついてきたようなので、本人が強く希望していたこともあり映画を観ることにした。

昨年、道を歩いている時に人が空から落ちてきて、その中で比較的冷静に救護活動ができたのは、こういうグロテスクなものに耐性があったことが大きいと思う。(あとはたまたま、救護訓練を興味本位で昔受けていた経験も大きい)

なので、いたずらにこういう作品などを全面的に禁止するのも個人的にはどうかと思う。かといっていきなりこういうものを見せるとショックを受けるだろうし、その後の人格形成のことを考えるとタイミングは大事だと思うので、慎重に傍で見守ってきたつもり。

この映画を観るのは3回目で内容はほぼ暗記レベルで覚えていたけど、最初から泣きっぱなしだった。命を落とす剣士が今際の際に見る、生前の母の言葉が心に刺さる。「強さや才能に恵まれた者は、それを世の中のために使う責務がある。その力を誰かを傷つけたり、自己満足のために使ってはならない」という言葉にはいろいろと深く考えさせられる。

ネーネーもいろいろと感じ取っていたようで、帰り道は二人で感想を話しあいながら自転車を走らせた。

  • 2021年02月11日
天気が良かったので、お昼は自転車で20分ほど行ったところにある大きな公園でピクニック。池のそばの正方形のベンチの上に座ってのんびりとごはんを食べていたら、5羽の鳩が音もなくスンッ!と空から地上に降り立って、スンスンと歩み寄ってくるので子どもたちがパニックになってしまった。人に慣れているのか、私が近づいても逃げない。むしろ「お、なんかくれるんか?」という顔でこちらを見ている。しかも私がシャッシャ!と鳩を威嚇している隙をついて別の鳩が子ども達に歩み寄るので、お昼ごはんどころではなかった。場所を移動して、石の上に座って食べた。

その後は遊具でたくさん遊んだ。どさくさに紛れて私も数え切れないほどすべり台をして遊んだ。すべり台だけは、どんなに体力が衰えようとも子どもと同じように楽しめる遊具。むしろ体重が子ども時代より増すことによりスピードは上がる。まさに遊具界のラストホープである。(あとブランコも)

おやつ休憩を挟みながらも、2時間ほど遊んだ。川沿いを帰る道、川の中州に繁った木に2本の傘がぶら下がっていて、ネーネーと何であんなところに傘があるんやろうねという話をしながら帰った。

1000

  • 2021年02月10日
4時半に起きて1時間半ほど原稿。その後洗濯物を干して6時半に家を出る生活を送っている。今日は洗濯を妻がやってくれたので、ギリギリまで原稿を描いた。この原稿でいよいよ落ち着くので、放置していたゲーム作りを再開したい。

ツイッターにこつこつと投稿している日記漫画が、今日の投稿で1000回目だった。よくもまあ、ここまで続いたなあという感じ。何事も飽きっぽい自分でも日々の記録を簡単に残す方法はないものかと考え、何気なく初めた日記漫画。この4年の間に本を出版する機会に恵まれたり、読者の方とお会いする機会にも恵まれたり、自身の生活にも彩りを加えてくれているように思う。多くの人々に支えられ、なんとか続いている。ありがたいことです。

もう自分のためにあれこれやりたい時期は終わってしまったので、これからは社会のために何ができるのかということを、ちっぽけながらも考えて絵を描いていこうと思います。

新潮

  • 2021年02月08日
新潮 2021年3月号「創る人52人の『2020コロナ禍』日記リレー」を読んだ。その中で、横田創の「わたしの娘」という作品が気になり(とても怖い、ということが誰かの日記に書かれていた)、その作品が掲載されている「しししし2」をAmazonで購入した。その行為を通じて、本屋に行って本を買うという行為は「経験」であり、Amazonで本を買うという行為は「消費」だなと感じる。何かと便利なAmazonだけど、やっぱり本だけは本屋さんで買う方がいい。あてもなく本屋を端から端までぶらぶら歩いて、気になったものを買って帰るという行為は「経験」そのものだし、楽しいなあ。こないだFOLK old book storeに行ったときに改めて思った。

さて新潮の日記特集(毎回楽しみにしています)はというと、金原ひとみさんの日記がとてもグッときた。思春期を迎えた長女と、次女が昔の写真を見て長女と仲良く遊んでいた日々を思い出してしみしみと泣くくだりがあって、とても胸がつまる。

そんな感じでしんみりと帰宅したら、子ども達が布団を腰に巻いて着物ごっこをしていた。シュシュは布団の巻き方が荒くて、しかもズボンを履いていないようで、腰に巻かれた布団の隙間からパンツが丸見えになっていて笑った。ネーネーは布団と洗濯ばさみを使ってとても上手に着物を作っていた。

晩ごはんの時に、ネーネーが鬼滅の刃の映画を観たいと言う。とっても怖いところがあるよ、大丈夫なの、と聞くと、ううん、怖いところは耳をフタして目をギューッとつむるから大丈夫よと言った。ほんとに大丈夫かなあと思いつつ、とりあえずチケットの予約をする。

ワーワー言いながらお風呂に入り、妻がお風呂に入っている間は子ども達とそれぞれ読書の時間とした。ネーネーは鬼滅の刃の最終巻を読み、シュシュは図鑑を読みながらチラチラとこちらを見ていたので、「一緒に読む?」と聞くとピャ~ン!と走ってきた。シュシュはテングザルのイラストをジーッと見ていた。

21時半過ぎ、就寝。

ピザ

  • 2021年02月07日
朝から頭が重くて、気圧計を見ると1010ヘクトパスカルだった。最近、気圧の変化による頭痛に悩まされていて、1020~1030ヘクトパスカルの間は絶好調なんだけど、1010台になると途端に頭が痛くなる。大抵が天気の悪い日なんだけど、今日はどっからどう見ても晴れ。なんなら春くらいの陽気で暖かいくらいなのに何故と思っていたら、案の定午後から天気が崩れてきた。頭痛で天気が分かるなんて、天気予報いらずやね。

夕方、家族で公園に行く。シュシュの友達がいたので、シュシュはずっとその子と遊んでいた。一方で公園に友達がいなかったネーネーはどこかつまんなさそうで、一緒にうんていをしたりして楽しんだものの、少しさみしそうにシュシュの走る姿を眺める様子に胸がギュッとなった。

夜は子どもたちの大好きな動物もののテレビ番組があるということで、早めにお風呂に入り、テレビを観ながらピザパーティー。とても楽しいパーティーだった。

TSUTAYA

  • 2021年02月06日
早朝原稿、妻は仕事。ネーネーの音楽教室にシュシュと3人で向かった。

ネーネーの授業中は駅前のベンチに座って、シュシュとお話をしながら待った。天気もよく、ポカポカと温かい。そのうち鳩の大群が押し寄せてきてシュシュが怯えたので、駅周辺を散歩した。その中で時間つぶしのために何気なく入ったTSUTAYAで中古CDが1枚11円で売られていたので、15枚買った。近くの福井県産直店でじゃがいもとブロッコリーを買う。(子どもたちが晩ごはんにシチューを食べたいと言っていたので)

ネーネーの迎えに行き、そのままマクドナルドのテイクアウト、帰宅してハンバーガーパーティーをした。子どもたちは何でも「パーティー」という名前をつけると喜んでくれる。私はレモンチキンタツタという新メニューを食べたんだけど、とても美味しかった。レモン味のタルタルソースをボタボタと落としてしまい、その度にネーネーがティッシュで拭いてくれた。

その後はのんびり時間、私はシチューをピャ~ッと作る。そのうち妻が帰宅し、晩ごはん。

20時からiPadでサンリオの「VIVA LA VALLENTINE」を観た。昨日もゲネプロを観たんだけど、何度観ても良い。ショーはワンカットで配信されていて、カメラワークも最高だし、セリフも心にぐっとくるものが多くて最高だった。こういう演劇の楽しみ方もあるんだなあ。そしてチャットでお客同士キャーキャー言いながら観られるのも良かった。

そして子ども達とサンリオの好きなキャラクターランキングの話をする。ネーネーはウイッシュミーメル、ぼんぼんりぼん、ミルクが好き。シュシュはポムポムプリンとシナモロールとけろっぴが好き。私はポチャッコとマロンクリームとたあ坊とシナモロールかなあ。

コロナが終わったら、ピューロランド行こうぜと契りを交わして寝ました。

むがぽ

  • 2021年02月04日
朝ごはんは鬼滅の刃ウエハースチョコ3個。(口の中の水分全部もっていかれるし、味に完全に飽きた)お昼はカップ麺ひとつ、仕事こちょこちょ。

夜はサンリオからご招待いただいた新作演劇「VIVA LA VALENTINE(ビバ ラ バレンタイン)」のゲネプロを子どもたちと鑑賞した。久しぶりに観たサンリオのミュージカル、めちゃくちゃ泣けた。今回はピューロランドが舞台ということで、いろんな施設が舞台になっているんだけど、ネーネーが昔二人で行ったことを思い出して「あ、ここでお弁当食べたね」とか言うので、涙腺がオシャカになりそうだった。エモすぎる。また行きたいなあ。

その後、寝る前にクレジットカードの紙請求書の発行休止申請をしようと(紙の請求書は有料になるので)、WEBにログインしようとして、パスワードを入れた後に「画面に表示されている3文字のひらがなを入力してください」という画面がどうにもうまくいかず、結果的にセキュリティエラーを出しすぎてWEBでのログインが不可になり、電話で問い合わせてどうにかしてもらわないといけない事態になり、ME・N・DO・KU・SA・I☆。

最後に出てたひらがな絶対の絶対「むがぽ」やったのに、「むがぽ」って入力して何回も画面確認して大丈夫やからエンターキー押したのに、なんであかんかったんやろう。

むがぽ。

Clubhouse

  • 2021年02月03日
6時半出社。お昼ごはんは昨日ののり巻きの残りとスーパーで買ったキャベツの浅漬、それから鬼滅の刃ウエハースチョコ3個。

仕事中にmixiの話になった。私は随分と昔に退会してしまったんだけど、その人はまだアカウントが残っていて、最後に日記を書いたのが10年前という話だった。映画の「阪急電車」を観た感想を書いた日記で、なんとその日記に当時の私がコメントをしていた。当時はお互い別々の会社で仕事していたので、今こうやって同じ会社で仕事しているのは、なんとも不思議な気持ち。

昼からもチャカポコと仕事をして17時前に退社。18時前に帰宅するとネーネーによる学校ごっこの真っ最中だった。国語の授業の生徒役をやることになり、「おおきなかぶ」を先生が読み上げるのでノートに書き起こすというなかなかハードな授業だった。

途中「おおきなかぶに、かぎをつけて、あまくあまくなあれ、おおきくおおきくなあれ、といいました」というくだりがあり、そのまま書き取ると、後で「かぎをつけて」の部分は、その後の文章に「かぎかっこをつけて」っていう意味なんよと指摘を受けた。確かに書き取りながら「…このじいさん、なんでかぶに鍵をかけてるんやろ。いくらなんでもかぶを愛しすぎじゃない?」と不思議には思っていたけれど。

Clubhouseの招待を受けたので、あれこれいじってみる。これは「声」でつながるSNSで、最近話題になっているもの。早速何人かフォローをして、誰かが会話しているルーム(「ルーム」と言われる部屋に入って、そこにいる人達とリアルタイムで会話をする仕組み)に入って少し話を聞いてみたけれど、中学・高校の時に教室でイケている人々が大声でワイワイ騒いでいるのを教室の隅で聞いてニタニタしていたことを思い出してウウウッとなった。なんだろう、会話の内容はわかるのに、絶対に会話には入れないこの感じ。

今日読んだのは「いつか中華屋でチャーハンを」(増田薫)。本当に、ひさしぶりにとても良い本を読んだ!という感想。装丁も本の厚みもカバーの感触も、中表紙も、内容も、イラストのテイストも全部最高だった。この本は大切にしよう。

ネーネーも楽しそうに読んでました。この本片手に、家族で中華料理店めぐりができたらいいな。

HelloWork

  • 2021年02月02日
時差出勤のため6時前に出社。まだ外は真っ暗。お昼はスーパーでたけのこご飯を買って食べた。

16時前に会社を出て、そのままハローワークへ。資格の取得給付金の追加申請。異様に手際の良い女性が受付をしてくれて、一瞬で終わった。

いったん帰宅し、ネーネーとシュシュと学習教室に行く。ネーネーを見送った後、シュシュと保育所に忘れ物を取りに行き、100円ショップでちょこまか買い物。学習教室に戻り、ネーネーが出てくるのを待つ。シュシュがトイレに行きたい~となったので、学習教室でトイレを借りた。教室に入るとネーネーがとてもびっくりしていて、びっくりさせてごめんと思った。

ネーネーの授業が終わり、3人で帰宅。恵方巻きを食べて豆まきをした。

節分は毎年変な格好の鬼になることにはりきっているんだけど、今年もがんばった。子どもたちはもうこの状況に慣れているせいか、たいして笑わず。妻だけが笑ってくれた。妻のヨガポールを金棒代わりに持ったことがポイントが高かったようだった。

その後ネーネーとシュシュとお風呂に入り、図鑑を読んで就寝。

にっちょんび

  • 2021年01月31日
朝はおひさしぶりのりくろーおじさんの店で朝食。コロナ対策で店内の席数が激減していて満席だったので、外のベンチで4人並んで食べた。行くときはワチャワチャ喋りながらだったのに、寒すぎて全員無言で食べた。

目の前に店の扉があって、そこにりくろーおじさんの絵と「きみのしんちょうはチーズケーキ何個分かな?」というセリフが描いてあった。チーズケーキのイラストを使った身長計。それを見ると、りくろーおじさんの身長は65cmくらいだった。え、意外と身長ちっさ!と思った。

帰宅後、掃除やらなんやかんやをして、ネーネーによる学校ごっこが始まった。ネーネーが先生役で、ちゃんと自分でプリントとかを作って授業をしていた。私は算数の授業を受けたんだけど、普通に「7+6」の計算を間違って大きく赤バツをされてしまった。

夕方シュシュと灯油を買いに行った。灯油を買いにいくというめんどくさムーブですらシュシュには楽しく感じるようで、終始ニコニコ。二人でワーワーと大騒ぎをしながらガソリンスタンドで灯油を入れた。駐車場から家まで、シュシュが台車を押して運んでくれた。シュシュのおかげて楽しかった。

寝る前はいつも絵本を読むんだけど、先日妻が借りてきた「じごくにアイス」(ナカオマサトシ)という絵本がとても良かった。ユーモアたっぷり、もう何回も読み聞かせをしたことか。

絵本はイラスト活動の最終目標。いつかこういう絵本を作れたらいいな。

というわけで、早いもので1月はおしまい。

FOLK

  • 2021年01月30日
土曜出勤。チャカポコと仕事をして、帰りにFOLKoldbookstoreに寄った。店内はカレーの良いにおい。

30分ほど店内をぐるぐる回って、「たいようのおなら」という児童詩集と「おおきなおおきなおいも」、「痛快!第二の青春」(やなせたかし)、「なぎさにて」(新井英樹)、「いつか中華屋でチャーハンを」(増田薫)、それからかわいい木彫りのくまを買った。

帰り道、「たいようのおなら」を読む。4歳の女の子の詩がえげつないほどに心に刺さった。以下、引用。

-----------------------------

「ゆめをみるから」

いまから
パパのゆめをみるから
まゆみちゃんがねてから
おめめのなかに
はいってきてね

(「たいようのおなら」(サンリード)より抜粋)

-----------------------------

とても美しくて、かわくて、鮮烈な詩。

ハナザー

  • 2021年01月28日
いつもより30分ほど早く出られたので、新大阪駅の浪花そばで朝食。朝から新大阪そばは贅沢すぎるかなと思い、わかめそばを食べた。その後電車を乗り換え本を読んでいると鼻水が止まらなくなり、ハンカチで拭くと血!鼻水じゃなくて鼻血だった。花粉症の時期は結構鼻血が出るヘビーハナザーなんだけど、この時期は珍しい。あたたかいうどんを食べて急に体温が上がったせいかな。

仕事中、Zoomでセミナーを受けたんだけど、ずうっとマイクをオンにして受講している人が何人かいて、「オーイ、ジュース持ってきて!」とか「それ何時までなん?」「17時くらいやわ」という会話がそのまま聞こえてきたりして笑った。

18時頃帰宅。ネーネーが図書館で借りてきた本を見せてくれた。合計5冊、ほぼすべての本のタイトルに「恋」という文字が入っていて、内容もそんな感じのやつだった。おまじないコーナーの「席替えの日に小指に月と太陽のマークを書いておくと好きな人の隣の席になれる」と書いてあるページを見せてくれた。ウオ~甘ずっぺ~!と思った。

昨日お尻負傷事件の話を家族にしたらネーネーが爆笑していたんだけど、それを小学校の友達に手紙に書いて渡したよ、との報告。手紙って…先方の父母も見たりしないかな…大丈夫かな…。

お風呂はシュシュと。新しく買ってもらったシャチのアニアの進水式。今日も「たちつてと」は「たちょつてと」だった。まっすぐに「たちょつてと」と言うので、なんか自分が間違っているような気がしてきた。もう「たちょつてと」でいいや。なんかかわいいし。

今日は「おもろい以外いらんねん 」(大前粟生)を読んだ。まさしくコロナ禍の現在に読むべき作品だった。

大好きな牛木さんのイラストによる装丁がもはや美術品の域。

たちょつてと

  • 2021年01月27日
仕事中、トイレでOKIBARIしていると火災警報が鳴り響き、みなが慌ててドタドタと避難していく音が聞こえた。換気扇の音しかしなくなった事務所(トイレ)に一人残され焦りに焦ってお尻を粗雑に拭いてしまい負傷した。結局誤報だったようで、皆が「よかった」と笑顔で事務所に戻ってくる中、尻の痛みに耐えながら作り笑いをした。悲しい笑顔だった。

17時半帰宅。世界が停滞する中、子どもたちは今日も元気いっぱいで救われる。

挿絵を描かせていただいた「お手軽気血ごはん」(瀬戸佳子)がいよいよあさって発売とのことで、見本誌が届いた。やはり数あるイラストや漫画案件の中でも、物として手元に残る本というものはテンションが上がる。お世話になった文化出版局のTさんからの手紙も嬉しかった。

このイラストを描いていた時はまさしく資格試験直前ということもあり、勉強にイラストにとがむしゃらだった。目の前の締め切りひとつひとつを乗り越えるのに必死だった。それでも楽しくできたのは、やはりイラストを描くのが本当に好きという気持ちと、のびのびとイラストを描かせていただけたから。とにかく忙しかったけど、楽しかったという思い出しかない。

晩御飯の後はみんなで保育所の発表会のDVDを観た。映像の中には去年の節分の時にネーネーが鬼から守ってあげた女の子が映っていて、「元気にしてるかな…」としみじみしていた。

お風呂はシュシュと。お風呂に「あいうえお表」が貼ってあり、シュシュはそれを見て毎日50音の練習をするんだけど、どうしても「たちつてと」が「たちょつてと」になる。「ち」のところにちょうちょの絵が描いてあるので、どうしても「ちょ」になってしまうらしい。「あ~また『ちょ』って言っちゃった」というシュシュの横顔を恵比須顔で見守った。

忍者

  • 2021年01月26日
17時半頃に帰宅できたので、ネーネーの学習教室の送り迎え。

しばらく手をつないで歩いて、教室の扉が見えるか見えないかのタイミングでパッと手を放して「じゃ」と去っていったり、友達の前では私にめちゃくちゃドライな話し方をしたりと、思春期への階段を少しずつ上り始めている。この階段の、ここからの1ステップ1ステップは大きいんだろうなという感がある。うれしい&さみしい、うれさみ案件です。

帰宅後、皆で晩ごはんを食べている時にふと「まゆげをどれくらい動かせるか」という話になり、私がダントツでグリグリ動かせることが判明し大笑いしながらまゆげをグリグリした。まゆげをグリグリしながら、皆の笑顔を心に刻んだ。顔の皮が柔らかいんかな。

寝る前、忍者チャレンジというものをした。私が布団に寝転んで目を閉じて、私に気づかれないように寝室のドアを開けて私のところまで来てタッチしたら成功!というゲーム。シュシュは普通にバーン!と開けてドカドカ入ってくるので一瞬でアウトになるんだけど、ネーネーはかなり上手。普通に目をつむっていると、近づいてきたことが分からず突然ワッ!と言われて心臓が飛び出そうになるので、薄目を開けて動きを見守っていたら「ちゃんと目を閉じて!」と怒られた。

なのでしっかり目を閉じていたら、そのまま寝てしまいました。

マカロニ

  • 2021年01月24日
ずうっと雨。やんなっちゃう。

ネーネーは6時40分頃に起きて私の作業部屋にきて、その5分後にシュシュが起きてきた。シュシュはとても眠そうだったので、寝室から布団を持ってきて、ゴロンしといたら?と言うと何も言わずに布団に入り、スウスウと眠った。隣でネーネーが鬼滅の刃を読んでいる。1時間ほどで3冊読んでいた。

毎週末、小学校の宿題でネーネーは「あのね日記」を書いているんだけど、今週はこの鬼滅の刃を読んだことを書いていた。「おとうさんのマンガをよみました」と書いてあるのを見て、当たり前なんだけど、ああ私おとうさんなんだあ…としみじみした。文章は「つぎのお休みにつづきをよむのがたのしみです」と締められていて、またしみじみ。自分の好きなものを、自分の大切な人が好きになってくれるっていうのは、本当にうれしい。

ところで漫画の感想が書かれてないけど、そこんとこ書かなくて大丈夫なの?と聞くと「そういう文章もあるんよ」と言われ、なんだか説得力があったので、おお、そっかとなった。

13時に車屋に車の定期点検に行く。毎回バッテリーが弱っていることを指摘される(車を走らせてなさすぎて)けれど、週末ドライブのおかげか今回はまったく問題なし。待ち時間の間に「チームのことだけ、考えた」(青野誠)を読んだ。

シュシュがたまに歌う「エニーシーエニーシー♪マカロニ♪」という歌、メロディからしてNiZiUの「Make you happy」なんだけど、最後の「マカロニ」は何かね?と妻と話していて、該当箇所の歌詞を調べると「You,Tell me」だった。全然違う~と笑いながらYOU TUBEで動画を観たら普通に「マカロニ」に聴こえてまた笑った。

マカロニ。子どもの頃は苦手やったけど、大人になって好きになったやつ。

  • 2021年01月23日
ネーネーの音楽教室に行った以外は、家で過ごした。

車を週に30分くらいは走らせないとバッテリーが弱るということを言われたので、週末の夜にドライブをするようになった。運転は妻がやってくれるんだけど、窓からぼんやりと外を眺めている時間がとても好き。子どもたちも、何かを考えながら外を見ている。今日は雨がザブザブ降っていた。

年末から1月はありがたいことに原稿の依頼が多く、単行本の挿絵の案件も校了したわけで、2月は穏やかに暮らせそう。何か動きたいなという気持ちもあるけれど、非常事態宣言GOES ONな状況でできることってあんまりなくて、結局メルカリに粛々と出品するくらいしかできなさそう。このような状況でみんなを巻き込んでできるような楽しいことって、何だろう。

とりあえず、本を読もう。

本気人(ほんきんちゅ)

  • 2021年01月17日
結局、仮面ライダーセイバーはもう観ないことにした。たかが30分といえど、休日の30分はとても貴重だ。やはり身近に感想を言い合ったりする人がいない環境というのは、こういう時に情熱の灯火が潰えてしまう大きな要因になるなあ。

今日は天気もよかったのでみんなで公園に行って、またたこあげ。その後砂場で超巨大なケーキを作った。


ぜんぜん関係ないけど、オリンピック選手が喜んだり悲しんだりして涙を流すのを見る度に、ああ、自分の人生で涙を流すほど何かに打ち込んだことって無いよなあということに気付かされる。やるせない気持ちになる。

自分はまだまだ長いこと生きるつもりでいるので、この先の人生で本気で何かに打ち込むチャンスはいくらでもある。さあ、何を始めようかしらね。

めちゃくちゃ筋トレして急に私がボディビルダーみたいになったらみんな戸惑うかな。

たこ

  • 2021年01月16日
ネーネーの音楽教室、待ち時間にレモンスカッシュを飲んで本を読んだ。11時半に迎えに行き、そのままイオンのフードコートのすみっこでピャッとごはんを食べて、立命館大学の公園に移動。たこあげをした。

ちょうど天気が崩れそうで風が強く、走らなくてもグングン上がる。ネーネーが小学校の授業で作ったたこなんだけど、骨組みがないフニャフニャのたこ。構造的に大丈夫なの?上がる?と心配していたけど、ハチャメチャに上がった。ネーネーと交代でやっているときに糸を20mほど伸ばしたところで、「片付けが大変だからやめて!」と諌められる。その後ネーネーに返して、たこをあげるネーネーの横顔を眺めていると、たこを見上げていた視線をチラッとこっちにやって「大好きなハンバーガーを食べて(昼ごはん)、パパとたこあげできて、たこがグングンあがって、こんなに幸せな気持ちになっていいのかな」とボソッと呟いたので、エー!それ私のセリフー!幸せな気持ちにしていただいてるのは私ー!と思った。

駆け寄って抱きしめようとしたら、非常にクールに「やめて」と言われたのでOh…!と思った。

いよいよ空が暗くなってきたので、一旦たこをしまって駐輪場へ。とここで、大雨。身動きが取れなくなり、しばらく震えながら雨が止むのを待った。15分ほどで小雨になり、合羽を着て少しだけ遊んで帰宅。

帰り道自転車を漕ぎながら、パパは小学生の時にたこあげ大会で優勝したんよ、と言うとめっちゃ驚いてました。

爆破

  • 2021年01月06日
会社に置いてある、手をかざすと体温を測ってくれる機械。いつ測っても36.4度なので本当に計測してるんかいなと思い缶コーヒーをかざしてみたところ、「39.6度」という表示とともにビービーと大音量で「高熱デス!今スグ医療機関ヲ受診シテクダサイ!」という警告が流れたのでめちゃくちゃ焦った。性能を疑ったことに対する怒りのメッセージのように聞こえた。機械ごめんなさい!と思った。

仕事を終え帰宅中に「発破技士」の資格試験対策テキストを注文。これは爆破に関する資格なんだけど、筆記試験合格後の技能講習で、山の中で実際に爆破作業をやるというもので、単純な興味から。一度きりの人生なもんで、一回くらいドカーン!と爆破をやってみたい。ちなみに現時点で爆破に関する知識はボンバーマン(ゲーム)くらい。

明日また緊急事態宣言が出される。世界はどのようになっていくんだろう。

涙ツーン

  • 2021年01月05日
ネーネーの質問内容が、簡潔に言語化するのが難しいものになってきた。「つららって何?」「緊急事態宣言ってなに?」「恋ってなに?」

知りたい欲はとてもとても大切なものなので、できるだけ丁寧に、かつ簡潔に答えたいけれど、なかなか難しい。難しいというか、頭ではわかってるつもりでも本当はよく分かってないってことなのかな。

恋っていうのはあれかな、なんか好きな人の隣にいるとドキドキすることかなと答えると、じゃあパパとママは恋をしているの?パパは、ドキドキしてる?と聞かれ、ウーン、今はドキドキはしていないけれどずっと一緒にいたい気持ちというものがあって、これは愛とでも言うのかしら、と答えると「愛ってなに?」という質問になる。難しいです。恋って何!愛って何!

あとは「死ぬってどういうこと」という質問も何度か出てきた。正直自分自身もよく分かっていないので、心臓が止まってみんなと会えなくなることかなと答えると、生まれ変わったらまた会えるやんと言っていた。

生まれ変わったら公園で待ち合わせして絶対また会おうねという話になり、寝る時に涙ツーン。

最終日

  • 2021年01月04日
冬休み最終日。どこにも行けず大した思い出作りもできていないので、とことん子ども達のリクエストに応えようの日だった。今日はあなた達のやりたいこと全部やっちゃうよと言うととても嬉しそうに次々とリクエスト。だいたいの一日の予定が立った。

まずは近所の公園に行き、1時間ほど遊ぶ。その後コンビニに行き好きなおやつを買って、お昼まで映画鑑賞。お昼ご飯はオムライスを作って、お昼からクッキー作り。眠たくなったら昼寝をして、晩ごはんはカレーライス。という流れだった。結局昼過ぎからYOU TUBERごっこが始まったのでクッキーは作らなかったけれど、とても楽しく穏やかな一日だった。

やはり子ども達の笑顔を見ていると単純に嬉しいし、自己効力感も高まる。この笑顔の傍で生活できている日々は、どう考えても愛おしさしかない。

明日からまた仕事が始まりドタバタな毎日になるけれど、家族で力を合わせて乗り切ろう。

鬼になれ

  • 2021年01月03日
明日早起きできたらコメダ珈琲に行こうかとネーネーと寝る前に話していたら、なんと4時に叩き起こされた。というわけで、本を読んだり絵を描いたりした後、7時ジャストにコメダにイン。コロナのことが心配ではあるけれど、早朝の時間であればガラ空きなのでパパッと食べてピャッと帰ろうという話。

ネーネーはコメダ珈琲をこよなく愛していて、お店に来るととても良い表情をする。コメダでしか見せない顔というのかな、喜びが抑えきれないという感じ。昔は私が決めて注文していたけれど、今やネーネーはお店に入るなりパパッと決めるようになった。注文が終わった後は店内をウットリと眺めながら、お冷の氷をくるくると回している。何度見ても、連れてきてよかったわ~という気持ちになる光景。

予定通り、モーニングセットをマッハで平らげて退店。7時15分くらい。このまま家に帰る?と聞くと公園で遊ぶ!となり、そこから公園を3つはしごした。どの公園にも一人も人がいなかったので、私も一緒になって遊びまくり。最近グラップラー刃牙を読んでいるので、刃牙の動きを意識しながら遊んだ。

帰ると9時前になっていた。さすがに疲れてリビングでグデーッとしていると子ども達の集中攻撃を受けた。刃牙の気持ちになって、攻撃に耐えた。(苦しみの極限の先にしかたどり着けない「強さ」があるというもの)


今年の目標は「鬼になること」にした。鬼滅の刃の映画で猗窩座という鬼が炎柱の煉獄杏寿郎に「お前も鬼にならないか?」と問いかけるシーンがあるけれど、それとは無関係。

生まれてから昨年まではとにかく全方位に対して「良い人」でありたいと思い行動してきたけれど、残念ながらこの世界は良い人が報われる世界ではない。どちらかというと損をすることの方が多い気がするし、そんな自分のせいで間接的に周囲に迷惑がかかることもある。時には心を鬼にして、毅然とした態度で接しなければならない人や出来事があるのだなということをとことん思い知らされた。そういう意味での、鬼。

サイボーグハンド完成

  • 2021年01月02日
昨日から作り始めたサイボーグハンドが夕方完成。引き続き、作業はほとんどネーネーがやった。名前の通りサイボーグの腕のような見た目で、水圧式で手をグーパーするとサイボーグハンドが連動した動きをするというもの。指の動きも1本1本独立しているので、かなりアツい。さっそく物をつかんだり、じゃんけんをしたりして遊んだ。ずっと触りたくてウズウズしていたシュシュの手にも装着。少し荒っぽい触り方をするので大丈夫かなあと思って見守っていたら案の定、破損。

作成時間5時間、完成から壊れるまでの時間は10分くらい。

GANTAN-KU

  • 2021年01月01日
6時起床。良い天気。

近所の神社に初詣に行く。コロナ対策のためか、ガラガラがなかった。知り合いもいたのでご挨拶。少し公園で遊んで家に帰った。シュシュがどんぐりをすべり台の上からころころ転がして大笑いしていたので、その光景を恵比須顔で見守った。

昼過ぎに実家とビデオ通話。ネーネーはなぜかこのタイミングで読書を始めてしまい、かなり集中して本を読んでいたので、主にシュシュがお話をしていた。

その後はダラダラと各自好きなことをする時間。ネーネーと布団に入って、私はグラップラー刃牙を読み、ネーネーは鬼滅の刃を読む。ほぼ同じタイミングでふたりとも寝てしまう。起きると夕方。

夜はネーネーと「サイボーグハンド」というプラモデルキットを作った。先日私がガンプラを作っているのを見てプラモデル作りに興味を持っていたので、以前買ってそのままになっていたこのキットを作ってもらったのだった。作業はややこしいところや力が必要なところ以外は全部ネーネーにやってもらった。バリ取りの話もしたら丁寧にやっていた。

今日は指を1本だけ完成させて就寝。指が1本だけポツンと置いてあると、宿儺の指(呪術廻戦)みたい。

OWMISOKA

  • 2020年12月31日
昨日からハチャメチャに大掃除。

早めにお風呂に入り、紅白歌合戦を観ながらパーティーをしましょうという話になり、19時からリビングに置いたテーブルに食材を並べてワイワイやってたら、紅白が始まる19時半までに全員おなかがいっぱいになってしまい、そこから静かにホットカーペットに横たわって紅白を観た。私は先日購入したガンプラを組み立てながら観た。良い時間だった。

Perfumeが出た瞬間、妻がオ!と言いながら私の顔をチラチラと見てきたので、ガンプラだけを見た。ガンプラだけを見ているふりをしながら、Perfumeをめちゃくちゃ観た。(大ファン)

NiZiUは専門学校時代に結成までのドキュメンタリーを観ながら勉強していたこともあり、感慨深かった。あのプロデューサーが良いのよね。キューブあげますっていうやつ。NiZiUはメンバーが自分の子どもでもおかしくない年齢なので、完全に親目線で見守っている。いつも衣装が寒そうなので風邪をひかないでね、あったかいお茶を飲んでね、いっぱい寝てね…という気持ち。

子どもたちは鬼滅の刃の歌を楽しみにしていて、目をこすりながらなんとかそこまで起きて、それが終わった瞬間布団にバーン!寝顔を見ようと私も布団に入ったら、一瞬でスーン!と寝てしまった。ウトウトしている時に嵐のメンバーが何か良いMCをしていたような気がするけど、はっきりと覚えていない。年越しの瞬間のジャンプができず、夢の中で年越し。

激動の2020年、これにておしまい!

まんだらけ

  • 2020年12月29日
半日だけ仕事に行き、仕事納め。その足で梅田のまんだらけへ向かった。

ここ数週間で500冊以上の本をメルカリやブックオフで売ったんだけど、この本はまんだらけで売ったほうが良さそう…という本を持っていった。御茶漬海苔やら青林工藝舎の作品やら。

受付に行くと、買取プロフェッショナルみたいな人が対応してくれて、その場で一点一点値段を弾いてくれた。表紙→裏表紙→カバーを外して表紙→裏表紙→ページ全体をバーッ!とめくって中身をチェック→本の上部と下部をチェック→バーコードを読み取って状態を入力→値段が出るという一連の流れを3秒位でやっていた。それを30冊なので2~3分くらい。そして確認が終わると、精算金額のお金がレジから出ると同時にその本を店頭販売するためのバーコードが印字されて、それを本に貼ればすぐに店に並べられるという画期的なシステムだった。ちなみにバーコードがちらっと見えたけど、だいたい買取値の3倍くらいの設定だった。

その足で近所のなか卯に行き、そのまま人気のない通りを歩いてヘップまで。ヘップは若者の店という認識なのでもう何年も行ってなかったけど、サンリオの株主優待券の期限が切れそうなので行った。サンリオのショップでカレンダーとクッキーなどを買って、マッハで帰る。

駅前の喫茶店で作業しようと思っていたけどどこもSUPER密だったので、そのまま帰宅。15時くらい。

正露丸の呼吸ピーピー柱

  • 2020年12月27日
早起きして、この一年のふりかえりフリーペーパーを描いた。おととしからの年末恒例行事。5時間ほどかけて完成、そのままデータ化して全国のコンビニでプリントアウトできるようにした。(PDFデータはこちらです→

午前中は掃除やなんやかんやをして、昼からはひたすらダラダラ。子ども達と先週録画した鬼滅の刃の2時間スペシャルを観た。

夜は豆乳胡麻鍋。これがもう本当に美味しくて、締めのパスタまで最高すぎて胃袋の限界の向こう側まで食べてしまう。

夜中におなかピーピーになりました。

パーティーいかなあかんねん

  • 2020年12月25日
夜中3時にネーネーに起こされる。もうサンタさんが来た気がする、一緒に起きよう…と言う。もうちょっとだけ寝ようね…と声をかけて寝たものの、6時ぴったりに子どもたち二人とも起きた。リビングにあるプレゼントを見つけておおはしゃぎ。シュシュは寝ぼけていてプレゼントを早く開けたい気持ちに脳みそが追い付いていないようで、包装紙がなかなか開けられずにまごまごしていてかわいらしかった。ふたりとも欲しかったプレゼントがもらえたみたい。ありがとうサンタさん。

ネーネーがサンタさんへのプレゼントとしてお皿に入れて置いていたクッキーが無くなっていたんだけど、パパ…このクッキーパパが食べたんじゃないよね…と聞かれた。お口開けて、ハァーってしてと言われ、これ飲酒運転の検問のときの警察やんと思った。

夕方帰宅後、クリスマスパーティー。妻がいろいろと準備してくれていて、とても楽しいパーティーだった。全員分のサンタ帽があったのにシュシュだけは頑なにネコ耳をつけていたのも良かった。

寝る直前にシュシュが静かにサンタ帽をかぶろうとしていたので、今?!このタイミング?と思いました。

ビビビすべり台

  • 2020年12月20日
妻とネーネーが近所の公園に保育所時代の友達と会いにいったので、シュシュと留守番。どっか行きたいところある?と言うと食い気味にジョーシンさん!と言うので、ジョーシンに行った。

昨日ネーネーに本を買って帰ったことで、おみやげが自分にはなかったと少々落ち込んでいたので、アニアをひとつ買おうねという話をした。ジョーシンに入るなりアシカ親子のアニアを手にとる。こういう時、迷いがないのがすごいなあと思う。

じゃあそれを買おうねと言うと、せっかくやしパパも何か買ったらいいよと言われ、え!となる。待っとくから、選んできたら?と言われ、本当に4歳の子どもですか?と思った。お言葉に甘えて、ガンダムのプラモデルコーナーをじっくり見た。

と言ってもガンダムのことはほぼ知らない(Gガンダムしか観たことがない)ので、見た目と名前でかっこよさげなやつを選んだ。ガンダムエクシア・ダークマターっていうやつ。シュシュも、めっちゃかっこいいねと言ってくれたので、アニアと一緒に買った。

その後スーパーに行って、公園で遊んだ。すべり台を50回くらい。下にいて、すべり降りてくるシュシュとタッチをするんだけど、プラ素材のすべり台なせいか全身に静電気をまとったシュシュが降りてくるので、がっつりタッチすると電気がビビビ!となるので、チョンとタッチ。この力加減が難しかった。

がんばったね

  • 2020年12月19日
朝ネーネーがピアノ教室に行きたくないと大号泣。習い事あるあるよね、分かるよその気持ち…と思いつつ、とりあえず教室の前まで行ってみようねと声をかける。そこで行きたくないと言ったら今日はあきらめて喫茶店にでも行こう…と考え、自転車を走らせた。あれこれ話をしているうちに気持ちが落ち着いてきたようで、笑顔でピアノ教室に入るネーネーをしみじみと見送った。

ひとりで喫茶店に行き、ネーム作業。1時間ほどで終え、教室に迎えに行く。ネーネーとイオンに行き、全然人がいないスポットでひっそりとハンバーガーを食べた。その後本屋に行き、ネーネーに好きな本買いなと声をかけた。子どもにかけるお金で、特に「本」だけはお金を惜しみたくないなという思いがあるので、たまにこうやって本を選んでもらう。ネーネーがまず手にとったのは鬼滅の刃の23巻(最終巻)で、それおうちにあるよと言うと、ちゃうねん、この本の中のお話が一番好きやから、自分専用のやつが欲しいねんと言う。それは良い考えやねとレジに持っていこうとすると、やっぱりちょっと待って!と言われ、結局すみっこぐらしの本を買った。

DOTA&BATA

  • 2020年12月16日
午前中はシュシュの誕生日会参観だった。

参加する親は私ひとりで、会場に入ると園児たちが「誰!」とワーワー大騒ぎだった。すぐに誕生日会が始まった。シュシュはとても緊張していて、いつものような笑顔はなく、真顔でインタビューに答えていた。質問コーナーではたくさんの園児たちがシュシュに質問をしていて、その中で「好きな子の名前を教えてください」という質問があって、シュシュが名前を挙げた子どもたちがクネクネと嬉しそうにしていたのが微笑ましかった。

急遽私も演奏会に参加することになり、猫耳としっぽをつけてタンバリンを叩き狂った。全園児が私の方を見ていたので、アイドルのコンサートのように、ひとりひとり目を合わせていった。

30分ほどで終了し、園児たちとハイタッチをして帰宅。新たな資格の勉強をして、課題を終わらせて提出したのが14時頃。昨日合格した試験の合格証が届いたので、もろもろ手続きのためハローワークやらコンビニやら市役所やら郵便局やらを自転車でお尻をブリンブリン振り乱しながら爆走して周った。

帰宅し漫画のラフを仕上げ、子ども達を迎えに行く。家に戻ってカレーライスを作る。洗濯物を畳みながら「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の続きを観る。晩御飯を食べたら、子どもたちとお絵かきの時間。私は漫画の仕上げ作業。子どもたちとお風呂。歯磨き、布団にバーン!

23時頃に起きて、ラフ原稿を担当のMさんにメールして布団にバーン!

メルカリのことを思い出して、慌てて起きて売れた物を梱包して布団にバーン!

慌ただしい一日でした。

誕生日&合格発表

  • 2020年12月15日
誕生日&資格試験の合格発表日。

結果は合格!苦労が報われてとにかくひと安心。

ケーキ作り

  • 2020年12月13日
早起きをして丁寧な朝ごはん作りをした。炊き込みご飯のおにぎり、オムライスおにぎり、大根とねぎのお味噌汁、スクランブルエッグに焼ウインナー。みんな喜んでくれて嬉しかった。

その後、ネーネーと近所の公園で子ども会のクリスマスプレゼントを受け取る。かわいい目覚まし時計だった。ネーネーは初めて手にする自分の目覚まし時計がとても嬉しかったようで、「明日はこれで起きるんよ」とにこにこしていて良かった。

夕方からケーキ作り。(私は見てただけ)

シュシュが5秒に1回くらいのペースで生クリームをなめて良いか確認しているのが可愛らしかった。

晩御飯はピザと生ハムサラダとシチューという、パーティー感が最高なメニューだった。食後に、先ほど作ったケーキにローソクを刺して(シュシュ4歳と私が38歳になるので、4と8のローソクを刺した)ハッピーバースデーを歌った。そしてローソクの火を吹き消して、ケーキを食べた。

ネーネーが口の周りを生クリームでいっぱいにしながら、何度も「幸せな家族やね」と言っていて、ジーンとなった。

普段一緒に生活していても、なかなか心の内まで聞くことは難しい(子どもに対して感情の問いかけは行わないようにしている。例えば、こちらが「幸せか?」と聞く行為は、子どもに「幸せ」と言うことを強制しているように感じるのでやらない)ので、こういう場面で本音が見えると、ああ、良かったなあとしみじみ感じる。

5年後も10年後もその先も、こう思ってもらえるようにビシッと頑張ります。

発表会

  • 2020年12月12日
シュシュの保育所発表会。コロナ対策のため、参観できるのは親ひとりのみ。妻が仕事ということもあり、私が参加させていただいた。

シュシュは去年の発表会では緊張した様子だったけど、今年はリラックスして発表会を楽しんでいる様子だった。アドリブでセリフを言ったり、ふとした瞬間に私に手を振るなどのファンサービスも欠かさず、15分ほどの発表会だったけど2時間ものの公演を観たくらいの充実度だった。そして子ども達がかわいらしく、先生方が日ごろから大切に接してくださっている様子が伺えて、感謝の気持ちが大きかった。

発表会が終わったら、そのままシュシュと帰宅。「スキップして帰ろう」と言うので、家まで手をつないでスキップをして帰った。

お昼はリクエストに応えてスーパーハッピーオムライス(中身は普通のオムライス)。ごはんの後、シュシュはお昼寝をして、ネーネーはひたすら工作に励んでいた。鬼滅の刃のペン立てを作っていて、なかなかの完成度だった。

夕方、妻が帰宅。誕生日プレゼントにかわいいパジャマが欲しいなあと言ったことを覚えていてくれたらしく、いちご柄のとびきりかわいいパジャマを買ってきてくれた。

嬉しくてすぐに着て妻に「どう?かわいい?」と聞くと「アハハハ」と笑ってはりました。

ケイデンスを上げて

  • 2020年12月07日
新しい自転車を買ったことが嬉しすぎて、通勤の時に駅まで全部立ちこぎで行った。どこまでも走っていけそう、このまま会社を休んで東京目指して走り続けようかと思うほどの高揚感だった。本気でいつか、土日の二日間でどこまで行けるか試してみたいなあ。

と思ったけど、ママチャリでお尻をブリンブリン振り回しながら峠を爆走する自分の姿を想像したらシュールすぎたのでやめておきます。

バイシコゥ

  • 2020年12月06日
妻から引き継いで9年乗っている電動自転車が、とうとう寿命を迎えてしまった。ということで夕方、一家で自転車屋に行く。

私も妻も買い物をする時あまり悩まない性格なので、今回もお店に入って3分で買う自転車は決まった。そのまま乗って帰れるのかと思いきや、修理やらなんやかんやで立て込んでいるようで受け渡しは1時間半後と言われ、さてどこで時間をつぶそうかという話になる。(まわりには何もない)

結局、一度歩いて家に帰ることにした。

家に戻って晩ごはんを食べて、再度歩いて自転車屋に行く。結構な距離を歩いたので、疲れてしまった子どもが高さ50cmほどのブロック塀に座って休憩する。つられて私も妻も座って4人で赤信号をボーッと眺めていると、妻が「こういう瞬間も、思い出やね」とサラッと言うのでアッ!時を超えて案件!(※1)と思った。

自転車を無事受け取り、おニューの自転車に乗って帰る。

めちゃくちゃ風を切りました。

(※1)明治安田生命のCMみたいなシチュエーションのこと

メタボン

  • 2020年11月27日
子ども達とお風呂に入る時、ネーネーとシュシュが抱き合って体重計に乗り、「おとなのたいじゅうや」と笑い合っていた。恵比須顔でその光景を見守っていると、「パパも体重計に乗ってみて」と言われたので、ホホホと笑いながら乗った。自分でも驚くほどに、瞬時に真顔になった。

60キロover…それは、健康診断の際に医師から言われたメタボの境界線を越えてしまったことを示す。社会人になりたての頃の体重は48キロで、かなり痩せていた方だった。なので自分にはメタボという現象は無縁だと思っていたし、好きな食べ物もバクバク食べて生きてきた。

来年は、おやつを我慢して体重を落とす!(今年は我慢しない)

KAIJIRU

  • 2020年11月25日
ちょっと今日は本気で「やよい軒の貝汁」の話をしたい。

正直、それを知るまでやよい軒は私の中でそこまで期待度は高くなく、どちらかというと他のお店がいっぱいで入れなかった時の最終手段として行くことが多い店だった。それが変わったのが先月のこと。定食にもれなくついてくるみそ汁を何気なく貝汁(プラス180円で変更可)に変更して、それを食べた瞬間全身に電流が走った。やさしくて美味しい。決して自己主張することはなく、メインの定食に寄り添いつつも確かな満足を提供する。目を閉じると、あさりを収穫する海の水面がキラキラと輝いて、潮騒の音が聞こえてくる。オーマイコンブ…。

みそ汁を変更しただけで、やよい軒に対する価値観が大きく変わった。それ以降狂ったようにやよい軒に行き、様々なメニューと貝汁の相性を試し、自分の中の理想のやよい軒定食を見つけた。そして導き出した方程式。

肉野菜定食(730円)+貝汁(180円)=最強(910円)

こう書いている今も、やよい軒に行きたくて仕方がない。夢にまで出てきた。

sp_642

パウパト

  • 2020年11月23日
7時半にネーネーに起こされ、「パウパトロールの映画観に行こう」と誘われる。調べると8時半からの回が空いていたので、マッハで準備をして出かけた。

映画の内容は最高だった。テレビシリーズの放送が何故か終了してしまったので久しぶりのパウパトロールだったけど、相変わらずケントのオペレーションは最高にスマートだし、それに応じるパウパトロール達との信頼関係も泣けるほどに素晴らしい。ライバール(めっちゃ悪い人)は相変わらずめちゃくちゃ悪いし、本来ならボコボコにされてもいいんだけど、ボコボコにすることなく平和に解決するのもこのアニメの良いところ。アニメシリーズ復活してほしいな。映画は1時間ちょいと短めだったけど、最高に良かった。

その後本屋に行き、ネーネーに動物の本を買う。それから駄菓子屋でシュシュにおみやげを買う。一旦帰宅し、子ども達とともに公園に行く。シュシュは駄菓子屋で買った飛行機のおもちゃを投げて飛ばしていたんだけど、腰のひねりを活かした投げ方でかなり勢いの良い投げっぷりだった。トルネード投法だった。ただ、まだ投げる方向についでの精度は低めなので、ものすごい勢いで地面に叩きつけるシーンも何度かあった。

一旦家に帰って、灯油を買いに行き、ジョーシンに寄ってサンタにお願いするプレゼントの下見。帰宅後、玩具の写真を子ども達に見せてコンセンサスを取る。わりと高めのものを所望しているので、代替商品を(サンタの代わりに)提案するも、子ども達のサンタへの信頼は厚く、サンタさんなら絶対プレゼントしてくれるから高いやつのままで大丈夫、とのこと。

さあサンタさん、どうしましょうか?

万博からの煉獄

  • 2020年11月22日
早朝から栗ご飯を仕込んだ。炊き上がりすぐに食べてみたけど、米が硬い!栗が水分を吸ってしまったのか、随分カチコチの米になった。栗はやわらかくなっていた。

ニチアサコンボ(プリキュア→仮面ライダー)をキメて、掃除やなんやかんやして、万博公園に行った。人の少ない場所に行き、木陰でピクニック。天気も気温もちょうど良く、平和な時間を過ごした。レジャーシートにゴロンと寝転がって空を見ていると、この光景どこかで見たような…という感覚に陥り、しばらくして判明した。見上げた視界から見える木の枝の並びが、LUNA SEAのインディーズ時代のアルバム(エクスタシーレコーズのやつ。名盤)のジャケ写そのものだった。

夕方帰宅し、すぐに風呂に入る。夜、子ども達の歯磨きを済ませた後、お暇をいただいて映画館に行く。鬼滅の刃の映画を観た。(2回目)

この映画では冒頭敵キャラに主人公達が眠らされるシーンがあるんだけど、あろうことかそのシーンで自分も寝落ち。お昼にいっぱい走り回ったせいだと思う。わりとすぐに主人公たちは目覚めるんだけど、わたしは爆睡したまま2時間弱が過ぎ、目覚めた頃にはすでにクライマックスシーンだった。いきなり最大のヤマ場だったけど、起きて数秒で号泣。そしてその10分後に終了。

ア~寝てしもうた~!よもやよもや!穴があったら入りたいぃっ!(煉獄さんのセリフ)と思いながら帰りました。

おでんくん

  • 2020年11月21日
3連休初日。6時頃に起きて、喪中はがきを印刷したり家の行事のビデオを編集。

今日は妻が仕事のため、子ども達と過ごした。お昼にピザパーティーをしたいと言うので、掃除をした後3人でスーパーに行く。晩御飯の食材もこちょこちょ買う。今日はどうしてもおでんを食べたかったので、おでんの材料を買ったら思っていた以上に高くついた。おでんは精度を上げれば上げるほど高くつく。

帰ってピザを焼いている間、子ども達はせっせとベランダにレジャーシートを広げていた。そこで座ってジーッとこちらを見ているので、ピザが焼けたらベランダまで即配達。にこにこと笑い合いながらピザを食べる子ども達の横顔をガン見しながら、恵比須顔でおでんを煮込んだ。具がヒタヒタになるくらいまで水を入れて、だしの素ひと袋とお酒・しょうゆをそれぞれ大さじ1、さとう・塩を小さじ1。

昼からシュシュと一緒に昼寝をしてしまい、起きるとネーネーがひとりで工作をしていた。ユニコーンのぬいぐるみにマントや靴、カチューシャを作ってカスタムしていた。

妻が17時過ぎに帰宅。晩ごはんは子ども達はオムライス、大人はおでん。

食後キッチンに籠り、栗の皮むきを1時間ほど。今回初めて栗の皮むき器を使った。皮むき器の名前は「栗くり坊主Ⅱ」、諏訪田製作所という会社が作っている。栗くり坊主は初号機が栗の皮むき器界ではかなり人気らしく、今回はその後継機である「Ⅱ」を購入してみた。初号機は剪定鋏のような無骨なデザインで、Ⅱは白基調のかわいらしいデザイン。確かにむきやすかったとは思うけど、それでもやはり栗の皮むきは大変だった。ひと晩アク抜きをして、明日の朝に栗ご飯にする予定。

この栗ご飯をもってようやく、我が家の秋が終わります。

カマキリ

  • 2020年11月18日
試験も終わり、心をゆったり取り戻そうと思っていたけど、部屋の掃除(作業部屋をネーネーと共同にすべくモノを大量処分中)や家のあれこれ、原稿がいくつかあったりでなかなか心が休まらない。そんな感じで忙しい忙しいとワアワア騒ぎつつ、ちゃっかりとAppleWatchとAirPodsProを購入した。しめて6万円ちょい。試験に合格すると国から支給される給付金の金額と同じ。合格発表も終わってないし、合格している自信も全くないけど、合格している前提で買った。もし合格してなかったら、質屋へGOです。

すぐに発送済み連絡がきたので、明日に届くのかなと思って配送状況を見ると、なんと上海から発送されたとところ。はるばる海を渡ってやってくる製品たちを想う。

シュシュは、保育所にカマキリが出たそうで、「かまきりさわった。ぜんっぜん!こわくなかった!」と言っていた。後で先生に聞くと、恐る恐るチョンと触っただけみたいだけど、わたしはそれすらできないので、すごいな~と関心。

カマキリはね、子どもの頃にブチ切れたカマキリに手のギザギザしたところで思いっきり挟まれたのでもうそれから恐怖の対象でしかない。

七五三

  • 2020年11月15日
朝8時過ぎに家を出て、三田へ。今日はネーネーの七五三と試験。あわただしい一日だった。

9時半に三田駅前に集合し、天神さんへ。ネーネーの着付けをしてもらう間は隣の公園でシュシュと遊んだ。約30分して、着物を着たネーネー登場。わたしと目が合うなり「かわいいか?」と聞くので、「とてもとてもとてもかわいいです」と言うと「そうか」と言っていた。まぶしい着物姿だった。

御祈祷が終わるとネーネーは普段着に着替え、そこで解散。三田駅まで送ってもらい、わたしは試験会場に向かう。

試験開始時間の1時間前の13時過ぎに現地に到着。参考書をペラペラめくりながら喫茶店で紅茶を飲んで時間をつぶす。隣の席にいた男女がどうやら同じ試験を受ける人たちで、その人たちは顔見知りのようで楽しそうに喋っていた。声が聞こえてくるので、聞き流しながら参考書を読んでいると、男が「合格したらもう会えないけど、もしお互い不合格だったら、また学校でお会いできますね」と言っていて、エッ、待ってもしかしてこの女性に好意寄せてる系?と思い、そこから耳をダンボにして参考書をペラった。勉強どころじゃなかった。

結局のところ、男性は脈なしっぽかった。そうこうしているうちに面接試験時間。試験時間は25分間、あっという間に終わってしまった。あっという間すぎて、手ごたえなし。いけたのかいけてなかったのかが、まったくわからない。とにかく、試験が終わった瞬間全身の力が抜けて、それと同時に頭が痛くなってきて、受験ストレスからの解放感を感じる余裕もなかった。這々の体で試験会場から抜け出し、そのまま梅田LOFTへ。出展させていただいていたブックカバー展が展示最終日だったので、見に行かせてもらった。展示をじっくりと見て、ピャピャッと買い物をして、そのまま帰宅。

図書館に本を返しに行き、あとはひたすら家でゆっくりさせてもらう。原稿もたまっているけれど、とりあえず今日は休むことにした。

合格発表は一カ月先です。

ヒエ~ッ。
生活について