生活について

五平餅

宿泊したホテルの至る所に「朝食バイキングに五平餅が登場☆」と書いてあったので、このホテルの並々ならぬ五平餅愛を感じて楽しみにしていたんだけど、朝食会場に五平餅は無かった。なんじゃそら!

伏見駅で電車を乗り換える時、駅長室で暴れていたオッサンがバーン!と飛び出してきてダブルラリアット(a.k.a.マイク・ハガー)をぶちかましながら逃走を試みていて、そのラリアットが右肩に炸裂して吹き飛んだ。そのオッサンは駅員に取り押さえられていた。右肩がじんじんと痛む。昨日からメガネが強風で吹き飛んだりと、いいことないなあ。

日中は仕事。お昼は大戸屋で食べた。古本屋で東海林のり子の「HEART BEAT」というヴィジュアル系のインタビュー本を買う。20年前のやつ。

20年前といえばわたしもヴィジュアル系に夢中になっていた時期で、当時火曜日の深夜にやっていた「BREAK OUT」というヴィジュアル系専門番組が好きだった。東海林さんはガチのバンギャ(通称「ロックの母(ロッキンママ)」)で、よくその番組に出ていたなあ。当時は大学生になったら絶対ヴィジュアル系バンドをやろうと思っていて、結局やらんかったんだけど、もしヴィジュアル系バンドをやってたらどうなってたのかなと考える時がある。

ロッキンママにも会えたのかしら。

夕方仕事を終えて、大須界隈を散策した。まんだらけでは蒼き彗星SPTレイズナーの資料本とパンフレットを買う。その後、ヴィジュアル系専門CDショップであるライカエジソンへ。そこから歩いてホテルに戻る。

ホテルが伏見ミリオン座の近くだった事もあり、20時から上映される「愛がなんだ」を観ようと思ったけど、レビューを見ると「女性向け」と書いてあったのでやめた。近所のスーパーのフードコートでカツ丼を食べて、ホテルで漫画を描く。

21時頃家族からテレビ電話があり、10分ほど話す。ネーネーとシュシュから「おみやげ買ってくれた?」とチェックが入る。ちゃんと頼まれていたサンリオのブクブク(お風呂でシュワ~っと溶けて中からおもちゃが出てくるやつ)買ったよと伝えると納得したようだった。

23時頃、五平餅のことを考えながら寝落ち。
生活について