生活について

午後の空

午前中はネーネーとピアノ教室へ行った。小学生クラスになり、親が同室で授業を受けるスタイルではなくなったため、授業が終わるまで近所の喫茶店で読書。「怪談びたり」(深津さくら)を読む。授業終わりにネーネーと合流して、本当にひさしぶりにドーナツ屋さんに行く。おいしそうにドーナツをほおばるネーネーを見て、また大きくなったなあと少しさみしい気持ちになった。ネーネーがニッと笑うと、前日抜けた2本の前歯の隙間からドーナツのかけらが見えた。あんまり笑うと前歯のところからドーナツがこぼれるよと伝えると、イヒヒと笑う。

その後本屋に行き、ネーネーとシュシュに本を1冊ずつ買う。ネーネーはビーズのブレスレットが作れるキット付の本を買った。その後、自分も本を買おうとしたらネーネーに「退屈やから10秒で決めて」と言われ、マッハで「乳と卵」(川上未映子)を買った。

自転車の後ろにネーネーを乗せての帰り道。今週はずっとひどい天気だったけど、今日は少し光が差し込む程度にくもり。気持ち良い風が吹いていて、ネーネーが機嫌よく鼻歌を歌っていたので、少し遠回りをして家に帰った。

なんとなくこういう出来事が、10年後とかに思い出すと愛おしくなるんだろうなという実感がある。

今日も良い一日になりました。
生活について