生活について

ハティガトゥ

早いもので、8月。
 
朝はネーネーのピアノ教室。待ち時間に喫茶店に行き、「みかづきマーチ」(山田はまち)と「刷ったもんだ!」(染谷みのる)を読んだ。2作品ともえげつないほどに良かった。「みかづきマーチ」は、"何者"にもなれないまま青春を過ごす主人公がマーチングと出会うことによって、自分を見つけていく話。青春時代に何物にもなれなかった自分には突き刺さるセリフが多く、アイスコーヒーをチュウチュウ吸いながら泣いた。時間にして約40分ほどの、この喫茶店でコーヒーを飲みながら読書をする時間というのが、とても優雅で大切な時間のように思う。
 
ピアノ教室が終わったらマクドナルドでハンバーガーを食べて、専門店街をサササッと見る。途中ネーネーがペットショップでねこを触りたいと言い、やめときましょうと伝えると不機嫌になってしまった。あまりむやみに触られるのはねこにとってもストレスになるだろうし、何より店員さんの営業トークが長いので、自分的には仕方のない選択。代わりにおやつコーナーでねこのフィギュアがおまけのおやつ(マジキ?という最近突然テレビCMをやりだした400円くらいする謎のおやつ)を買って、家に帰る。その後はアクアビーズをしたりLaQをして過ごした。

夕方、出かけていた妻とシュシュが帰宅。レゴブロックをいただいたので、お風呂に入った後に全員でブロック遊びをした。ネーネーが主となりパトカーなどを組み立てる。他の3名は作業助手のような感じで、良い感じのパーツをネーネーに渡す役をしていた。ワンチームだった。
 
レゴブロックが思いのほか楽しかったので、Amazonでポチりました。
生活について