生活について

雷鳴剣黄雷

仮面ライダーセイバーの第5章を拝読。(セイバーは本の世界がテーマなので、「第〇話」という表現をせずに「第〇章」という言い方をする。そこにリスペクトの意をこめて、「視聴」ではなく「拝読」と表現させていただきます)

そう、リスペクトという単語が出た通り、仮面ライダーセイバーにハマりました。ゼロワンロスもあり、どうなるかな~と思っていたけれど、仮面ライダーエスパーダの造形の良さにムムッとなり、エスパーダの武器の名前「雷鳴剣黄雷(らいめいけんいかずち)」の良さにムムムッとなり、エスパーダの父親役として唐橋充さんが出演した時点で、アッもうこれ最高ありがとうとなりハマった。

そしてこの作品は(今のところ)、作中の「お笑い」のバランスがとても良い。ライダーがたくさん出てくるそうなので、その辺りも今後の展開が楽しみ。

ちなみに唐橋さんといえばやはりシンケンジャーの腑破十臓のカッコ良さについて、万人が認識してほしいところ。あれは本当に素晴らしかった。

朝ごはんを食べて家のことをペペッとやった後、万博公園へ。

お昼を食べて広場で走り回り、途中トイレ休憩で立ち寄ったEXPOミュージアムの1970年の万博開催時のミニチュア模型にネーネーが興味を持ったため、改めてまじまじと見た。ミニチュア模型からも当時の熱狂ぶりが伺える。見ているだけでもワクワクした。

夕方、16時前に帰宅。そのままお風呂に入り、餃子を山盛り食べて19時半にお布団へダイブ!

22時頃目が覚めて1時頃まで原稿作業をして、再びお布団へダイブ!

ネーネーがお布団に対し横向きで寝ていたので、アルファベットの「T」の形で寝ました。
生活について