生活について

七五三

朝8時過ぎに家を出て、三田へ。今日はネーネーの七五三と試験。あわただしい一日だった。

9時半に三田駅前に集合し、天神さんへ。ネーネーの着付けをしてもらう間は隣の公園でシュシュと遊んだ。約30分して、着物を着たネーネー登場。わたしと目が合うなり「かわいいか?」と聞くので、「とてもとてもとてもかわいいです」と言うと「そうか」と言っていた。まぶしい着物姿だった。

御祈祷が終わるとネーネーは普段着に着替え、そこで解散。三田駅まで送ってもらい、わたしは試験会場に向かう。

試験開始時間の1時間前の13時過ぎに現地に到着。参考書をペラペラめくりながら喫茶店で紅茶を飲んで時間をつぶす。隣の席にいた男女がどうやら同じ試験を受ける人たちで、その人たちは顔見知りのようで楽しそうに喋っていた。声が聞こえてくるので、聞き流しながら参考書を読んでいると、男が「合格したらもう会えないけど、もしお互い不合格だったら、また学校でお会いできますね」と言っていて、エッ、待ってもしかしてこの女性に好意寄せてる系?と思い、そこから耳をダンボにして参考書をペラった。勉強どころじゃなかった。

結局のところ、男性は脈なしっぽかった。そうこうしているうちに面接試験時間。試験時間は25分間、あっという間に終わってしまった。あっという間すぎて、手ごたえなし。いけたのかいけてなかったのかが、まったくわからない。とにかく、試験が終わった瞬間全身の力が抜けて、それと同時に頭が痛くなってきて、受験ストレスからの解放感を感じる余裕もなかった。這々の体で試験会場から抜け出し、そのまま梅田LOFTへ。出展させていただいていたブックカバー展が展示最終日だったので、見に行かせてもらった。展示をじっくりと見て、ピャピャッと買い物をして、そのまま帰宅。

図書館に本を返しに行き、あとはひたすら家でゆっくりさせてもらう。原稿もたまっているけれど、とりあえず今日は休むことにした。

合格発表は一カ月先です。

ヒエ~ッ。
生活について