生活について

忍者

17時半頃に帰宅できたので、ネーネーの学習教室の送り迎え。

しばらく手をつないで歩いて、教室の扉が見えるか見えないかのタイミングでパッと手を放して「じゃ」と去っていったり、友達の前では私にめちゃくちゃドライな話し方をしたりと、思春期への階段を少しずつ上り始めている。この階段の、ここからの1ステップ1ステップは大きいんだろうなという感がある。うれしい&さみしい、うれさみ案件です。

帰宅後、皆で晩ごはんを食べている時にふと「まゆげをどれくらい動かせるか」という話になり、私がダントツでグリグリ動かせることが判明し大笑いしながらまゆげをグリグリした。まゆげをグリグリしながら、皆の笑顔を心に刻んだ。顔の皮が柔らかいんかな。

寝る前、忍者チャレンジというものをした。私が布団に寝転んで目を閉じて、私に気づかれないように寝室のドアを開けて私のところまで来てタッチしたら成功!というゲーム。シュシュは普通にバーン!と開けてドカドカ入ってくるので一瞬でアウトになるんだけど、ネーネーはかなり上手。普通に目をつむっていると、近づいてきたことが分からず突然ワッ!と言われて心臓が飛び出そうになるので、薄目を開けて動きを見守っていたら「ちゃんと目を閉じて!」と怒られた。

なのでしっかり目を閉じていたら、そのまま寝てしまいました。
生活について