生活について

FOLK

土曜出勤。チャカポコと仕事をして、帰りにFOLKoldbookstoreに寄った。店内はカレーの良いにおい。

30分ほど店内をぐるぐる回って、「たいようのおなら」という児童詩集と「おおきなおおきなおいも」、「痛快!第二の青春」(やなせたかし)、「なぎさにて」(新井英樹)、「いつか中華屋でチャーハンを」(増田薫)、それからかわいい木彫りのくまを買った。

帰り道、「たいようのおなら」を読む。4歳の女の子の詩がえげつないほどに心に刺さった。以下、引用。

-----------------------------

「ゆめをみるから」

いまから
パパのゆめをみるから
まゆみちゃんがねてから
おめめのなかに
はいってきてね

(「たいようのおなら」(サンリード)より抜粋)

-----------------------------

とても美しくて、かわくて、鮮烈な詩。
生活について