生活について

将棋

8時頃に全員起きた。朝ごはんを食べてワチャワチャと掃除をした後早めにお昼ごはんを食べて、立命館大学の公園に行く。途中、妻が買い物に行ったので子どもたちと遊んだ。コロナのこともあり、食堂は閉鎖されていた。その食堂の隣に、子どもたちが気に入っている遊びスポットがある。ほとんど誰もいなくて、今回も私たちしかいなかった。小高い山と岩がいくつもあって、その岩が離れ小島という設定で遊んだ。そして小島のひとつに腰掛けて釣りごっこをしていると、お腹P&P警報が出たので、子どもたちにごめんトイレに行きたいと告げ、3人でトイレに走る。並走している子ども達も心配そうに私の顔を見つめるけれど、一歩一歩進むごとに私のおしりからプッ!プッ!とおならが出るので、たまらず大笑い。平和なおなら、略してヘナラだった。

そして大笑いの効果かP&Pの波が過ぎ去り平和が訪れたので、引き続き遊んだ。

14時半頃に妻が合流して、妻とネーネーは美容院へ。私とシュシュはジョーシンに行った。大のお気に入りスポットに来たシュシュはグイグイと私の手を引っ張っておもちゃコーナーへ。ゴリラのアニアと、ネーネーへのお土産にシルバニアのお洋服を一着、それから将棋セットを買った。(ネーネーが学童で将棋をやっているそうなので)

夕方帰宅。髪を切ってもらったネーネーは妻に「パパ、わたしを見てお目目が星になっちゃうんじゃない?」と言っていたそう。案の定、私のお目目は銀河のごとく輝いた。巻き髪にしてもらって、とってもキュート。

夜ご飯の後に将棋をやってみたら、うっかり私が勝ってしまいネーネー大号泣。子ども達との勝負事の力加減が難しいなあ。

その後「回り将棋」というすごろくのような遊びをやって、こちらはネーネーの圧勝。

というわけで、平和に眠りました。
生活について