生活について

セル

Ankerのロボット掃除機、通称「そっちゃん」が使い始めて2年経過したあたりから調子が悪くなり、充電できなくなることが増えた。充電できるかできないかはその時次第で、祈るような気持ちで毎回電源プラグを差し込む。そして先日とうとううんともすんとも言わなくなったため、メーカーのサポートに修理を依頼した。WikipediaによるとAnkerのサポートは「神対応」と言われているほど素晴らしいものらしい。一瞬で返信があった。

が、Ankerでは有償であろうと修理のサービスはやっていないとのこと。要するに、新しいやつを買い替えておくんなはれという返信だった。どうやら神対応は保証期間内に限った話のようで、この上なく塩対応なメールでばっさり。諦めきれずにネットでいろいろ調べていると同様の不具合が2年目あたりから発生する人が多いらしく、どうやらバッテリーがヘタってしまったことが原因のようだった。

そしてあれこれ調べていくうちに、どんなメーカーのバッテリーでもセル交換をしてくれる業者を見つけた。セルというのはドラゴンボール的なアレではなく、バッテリーの中身のことらしい。使用済みのバッテリーを送ると中身をリフレッシュして送り返してくれるサービス、さっそく申し込み。14,000円。本体を買い換えることを鑑みると安い。

バッテリーを送った翌日の昼には「リフレッシュ完了、出荷しました」とのメールがあった。

Windowsがアップデートして右下に花粉の量が表示されるようになった。ヘビーカフンショナーとしては、杉が花粉を飛ばしまくり映像や「花粉」という文字を見るだけで鼻がムズムズする。なのでこの機能は本当に勘弁。
生活について