生活について

わたほね

「私の骨」(高橋克彦)を読んだ。ドラマ化されたりしたら「わたほね」と略されるんだろうな~と思いながら読んだ。

高橋克彦は「眠らない少女」がとにかくぶっちぎりに怖い話で、自分の中ではそれとラフカディオ・ハーンの「破約」が2大爆裂恐怖作品。しかし高橋克彦作品はいくつか読んだけど「眠らない少女」以外にビタッと自分にはまる作品があまりなかった。けど、「わたほね」は最高でした。こちら短編のホラー小説集なんですけどね、表題作の「私の骨」も良すぎるんですけどね、「おそれ」と「奇縁」がジワジワ系恐怖最高作品だった。やはり幽霊が出てくる話より、人間によってもたらされる恐怖を描いた作品が好きだ。
生活について