生活について

ダルンダルン

4月の日記にて、毎朝満員電車に揺られていて毎回電車を降りる時にアメフトタックルばりに押し進まないと下車できない、このままいくとアメフト体型になってしまいかねないというようなことを書いた覚えがあるけれど、それからどうなったかという話を書きたい。

結論からいうと体型は相変わらずダルンダルンです。

毎朝アメフト下車をしているうちに乗り合いの人たちの中でもコイツはあの駅で降りるなという認識が広まったようで、下車駅につくと人と人が道を空けてくれるようになった。ぎゅうぎゅう詰めの人たちの中にパァっと道が開けるので、毎回モーゼ状態。すみませんすみませんと言いながら、通らせてもらっている。

まるごと一冊イラストを描かせていただいた本の書影があがっていた。1月発売とのこと。
生活について