生活について

ロボット

仕事の後、grafに。オフィスがオシャレ入り口すぎて間違った場所に来てしまったと勘違いしてドアを開けてすぐにバーン!と閉めてしまい、完全に不審者だった。Tさんが出迎えてくださり、そこから1時間半ほどもろもろの打ち合わせ。途中、ギョギョッとサカナスター(さかなくんの番組)の話で盛り上がった。

帰宅後、息子がロボットの図鑑を借りてきたというので一緒に読んだ。息子は特にsota(ソータ)というコミュニケーションロボットを気に入ったらしく、どうしても欲しいとせがむ。見た目がかわいらしいこともあって、まあそれなりに安いのであればいいかもね…お値段を調べてみましょうかね…という話になった。145,000円だった。1万円が14個もいるよと言うとエーッ!となり、じゃあ将来はロボットを作る人になりたいと言っていた。

夢を持つって、ステキやん(島田紳助)と思いながら寝ました。
生活について