生活について

岩田さん

毎朝通販の発送作業をしてから通勤している。たいへんありがたいことです。もし情熱大陸の密着取材が入ったら絶対にこの一連の発送作業を撮ってもらおう。それほどに、ていねいでスピード感のある発送作業を心がけている。

「岩田さん」(ほぼ日刊イトイ新聞・編)を読んだ。任天堂の社長であり、数多くのゲームやハードを手掛けた偉大な人。家族で大騒ぎをしながら楽しんでいる「大乱闘スマッシュブラザーズ」の開発秘話なんかも載ってた。

宮本さんはもともとインダストリアルデザインに関わってきて人であることから、「機能としての理由」から発想をスタートさせていた。例えば面白かったのが、スーパーマリオワールドで初めて登場したヨッシー。スーパーファミコンはスプライト(画面上に絵を表示するための技術的な仕組みのこと)を横にたくさん並べることができなかった事情があり、マリオと一緒に重なったときに横に並ぶスプライトの数を制限できるからという理由でああいった形になったそう。恐竜のようなキャラクターを登場させようと思ったところから始まったのではなく、機能として許された形が恐竜だった、という話。

自分がなにかにハマっていくときに、なぜハマったかがちゃんとわかると、そのプロセスを別の機会に共感を呼ぶ手法として活かすことができる、とも書かれていた。
生活について